フォト自慢 

2017年07月

チガヤの穂

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・6月24日
ひとこと
芝生の丘の斜面に、チガヤの白い穂がゆれていた。チガヤはススキよりも背丈が低いが、ススキと似たような綿毛がついた種子をつけ、風に乗せて飛ばしていた。
chigaya

ザクロの花

投稿者
渡辺一夫先生
撮影した場所・時期
郷戸地区・6月24日
ひとこと
鮮やかな朱色のザクロの花。つぼみもかわいい。紅い色と形からダルマさんを連想させる。
zakuro

タイサンボクの花

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・6月24日
ひとこと
タイサンボクの花。花粉を出し終わったおしべが、花弁の皿の上に散っていた。花が放つ柑橘系の香りは咲き始めのほうが強いようで、この花は香りがほとんどなかった。
taisanboku

イヌツゲの虫こぶ

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・6月24日
ひとこと
イヌツゲの枝にマスコット人形のようなものがついていた。実のようにも見えるが、イヌツゲタマバエがつくった虫こぶである。内部は幼虫たちがすむ個室に分かれている。
inutuge

オニグルミの葉痕

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
上柚木地区・4月
ひとこと
オニグルミの葉痕(去年の葉を落とした跡)がまるで動物の顔にみえる。こんもり盛り上がった冬芽は耳のようだ。しかし、枝の先端では今年の葉が開き始めていた。
onigurumi