フォト自慢 

2016年10月

サカキ

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
上柚木地区・10月
ひとこと
長い柄の先にサカキの黒い実がなっていた。サカキの枝葉は神前に供えされ、神聖な木として神社によく植えられる。枝先の冬芽は曲がる。
sakaki

クズの花

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・8月
ひとこと
木を覆いつくして光を奪い、枯らしてしまう悪者のイメージのクズだが、花はきれいで、香りもよい。豆果も育っているのが見える。
kuzu

ツマグロヒョウモン

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
上柚木地区・8月
ひとこと
豹の紋に似ているのでヒョウモンと名がついた蝶。もともとは温暖な西日本にしか分布していなかったが、ここ数十年で関東地方でも見られるようになったという。
tumagurohyoumon

オオシマザクラの葉

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
上柚木地区・8月
ひとこと
オオシママザクラの葉は、いい香りのするクマリンという物質を多く含み、桜餅をくるむのに使われる。この葉は虫に食われて穴が開いていたが、クマリンには防ダニ効果がある。
ooshimazakura

ヘクソカズラ

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
上柚木地区・8月
ひとこと
かわいい花をつけるが、葉や茎に悪臭があるので、ひどい名がついてしまったつる植物。花が灸(やいと)に似ているので、ヤイトバナの別名もある。
hekusokazura