フォト自慢 

2014年08月

クサギ

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
ゲートボール場南側・8月12日
ひとこと
葉はビタミン剤のような独特の匂いがするので「臭木」となった。だが、花はよい香りがする。4本の長いおしべがぴんと伸びている時は、中央のめしべはうなだれている。
kusagi

カリン

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
第一駐車場・6月15日
ひとこと
中国から渡来したバラ科の落葉小高木。緑がかかった樹皮はまだらにはがれて美しい。実は楕円形で、よい香りがする。実は生では食べられないが、果実酒にして咳止めとして使われる。
karin2

ナツツバキ

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
ソフトボール場南側・6月15日
ひとこと
樹皮がはげて橙色や褐色の美しいまだら模様を見せる落葉広葉樹。夏に咲く椿なので、ナツツバキの名がついた。6月ごろに白い花を咲かせる。別名シャラノキともいうが、本物のシャラソウジュは、インドの木である。
natutubaki

マテバジイ

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
ソフトボール場北側・6月15日
ひとこと
大きなドングリのなる常緑広葉樹。初夏にクリの花に似た紐状の花穂が立ち上がる。花穂のほとんどは雄花穂だが、根本に雌花がつく雌花穂が混じっている。ドングリ(堅果)は翌年に熟す。
matebajii2

コノテガシワ

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
山吹橋・6月15日
ひとこと
江戸時代に渡来した中学原産の針葉樹。葉の形が、子供が手を広げたようにみえるので、「児の手柏」と名がついた。球果は「ツノ」の出た金平糖のような形をしていて、秋に熟すと褐色になり、割れて種子がこぼれ出る。
konotegashiwa2