フォト自慢 

2018年05月

アカマツの雄花

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・4月
ひとこと
枝のまわりにぎっしりとついたアカマツの雄花。これから花粉を放つ準備をしている。マツを枯らす病害が流行っているが、このマツは元気そうだ。
4 akamatu

タラヨウ

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・4月
ひとこと
タラヨウ(多羅葉)の花が咲いていた。雌雄異株で写真のものは雄花。葉の裏を釘でひっかくと黒く残り、字が書ける。郵便局の木に指定されている。
3 tarayou

ヒュウガミズキ

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・4月
ひとこと
花は終わってしまったが、ヒュウガミズキ(日向水木)の赤い若葉が美しい。日向(宮崎県)と言う名がついているが、主な分布地は石川県から兵庫県の日本海側だという。
2 hyuugamizuki

エノキの若葉

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・4月
ひとこと
エノキの若葉が陽光に映えていた。エノキは横に広がって枝葉を茂らせ、緑陰を作る。江戸時代には街道の一里塚に植えられた。
1 enoki

ナワシログミのトゲ

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・2月
ひとこと
植え込みにナワシログミが絡みついていた。大きなトゲがある。このトゲは、食害者から身を守るためか、他の木に絡みつくためか。農家が苗代を作る頃、赤い実が熟す。
④nawashirogumi