フォト自慢 

テントウムシ

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・12月
ひとこと
体を温めているのか、陽だまりでテントウムシがじっとしていた。テントウムシは一生の間に数千匹のアブラムシを食べるという。
tenntoumushi

ソヨゴの実

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・12月
ひとこと
ソヨゴの実が残っていた。ソヨゴは、風にそよいで葉がぶつかりあって音が鳴ることからその名がついたという。雄雌の別があり、雌の木にだけ赤い実がなる。
soyogo

リョウブの冬芽

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・12月
ひとこと
リョウブの冬芽の頭に、芽鱗のかけらが乗っていた。リョウブの冬芽は、初冬から芽鱗がはがれてしまうことが多く、ユーモラスな姿を見せる。
ryoubu

カツラの実

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
中地区・12月
ひとこと
アケビのような形のカツラの実が、たくさんなっていた。二つに割れて、裂け目から薄い羽をもった種子が束になっているのが見える。種子は風でばらまかれる。
katura

サンシュユ

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・10月
ひとこと
サンシュユの実が豊作だった。実は漢方薬になる。春の黄色い花も美しい。江戸時代に日本に渡来した中国原産の落葉低木で、樹皮がはがれてまだらになる。
sanshuyu