フォト自慢 

シラカシのドングリの殻斗

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・12月
ひとこと
シラカシのドングリが落ちて、帽子のような殻斗だけが枝に残っていた。ドングリが小さいとき、殻斗は鎧のように包んで害虫から守っていた。やがてこの帽子も、落下して土にかえっていく。
②shirakashi

ヒサカキの冬芽

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・12月
ひとこと
ヒサカキの冬芽がたくさんついていた。春になるとたくさんの花が咲くだろう。ただ、その花はプロパンガスのようなにおいがする。
①hisakaki

ソヨゴの黄葉

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・10月
ひとこと
ソヨゴは常緑樹だが、短いサイクルで葉を入れ替えるらしく、古い葉がたくさん黄色く色づいていた。葉はクチクラ層が厚く、火であぶると水蒸気が膨張してふくらみ、ぱちんとはじける
soyogo

エゴノキの虫こぶ

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・10月
ひとこと
エゴノキの葉の裏に、饅頭のような虫こぶができていた。エゴタマバエがつくる虫こぶ(エゴノキハヒラタマルフシ)だという。
egonoki

コナラの発根

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
上柚木地区・10月
ひとこと
上柚木公園では、今年はコナラもクヌギもドングリが豊作だった。早々とコナラのドングリは、発根している。運よく落ち葉を避けて、土の中に根を入れることができたようだ。
konara