フォト自慢

カマキリの卵鞘

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・12月
ひとこと
ナンテンの枝に、カマキリが卵を産み付けた卵鞘があった。卵鞘はスポンジのように気泡が多く、寒さ、乾燥、衝撃から卵を守るという。春になり餌となる昆虫が出始める頃になれば、ぞろぞろと赤ちゃんが出てくるだろう。
2 kamakiri