フォト自慢 

オニグルミの葉痕

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
上柚木地区・4月
ひとこと
オニグルミの葉痕(去年の葉を落とした跡)がまるで動物の顔にみえる。こんもり盛り上がった冬芽は耳のようだ。しかし、枝の先端では今年の葉が開き始めていた。
onigurumi

カツラの雌花

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
上柚木地区・4月
ひとこと
カツラの赤い雌しべが伸びていた。カツラの花は花弁がなく、目立たない。カツラは、オスの木とメスの木があり、これはメスの木。根元には去年の実がたくさん落ちていた。
katura

ウグイスカグラ

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
上柚木地区・4月
ひとこと
雑木林の縁で、ウグイスカグラがかわいい花をつけていた。2月ごろから咲き始めて春を感じさせてくれたが、まだまだ咲いている。実は赤く熟し、食べられる。
uguisukagura

モミジイチゴ

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
上柚木地区・4月
ひとこと
下を向いて咲いていたモミジイチゴの花。初夏に熟す黄色い実は食べられる。枝のとげは鋭い。
momijiichigo

ナツツバキの木肌

投稿者
渡辺一夫先生(森林インストラクター)
撮影した場所・時期
郷戸地区・2月
ひとこと
まるで迷彩服の模様のようにはげるナツツバキの木肌。樹皮を入れ替える性質があり古い樹皮を捨ててしまう。捨てられた樹皮が、まるで仮面のように地面に落ちていた。
natutubaki